透明骨格標本とは? 筋肉を透明にし、軟骨を青、硬骨を赤紫に染色することで、立体的な骨格の観察を行うための標本です。分類学や解剖学、発生学などのさまざまな分野で利用され、現在では学校教育においても、実践的な教材として活用されています。 その技術は、多くの研究者が学術向上のために取組み、改良・共有・精査を繰り返し発展してきた成果であり、さらに研究・改良され皆様のまわりに活かされています。

弊社取り扱い製品は、水産業で捨てられてしまう魚や魚類研究の余剰試料を用いたリサイクル製品です。新たな産学官連携の取り組み事業として、弊社製品がお子様とのコミュニケーションや教育へのキッカケとなることを願い、透明骨格標本として新たな使命を担ってもらうことにしました。 弊社取り組み事業にも興味を持っていただければ幸いです。



弊社取り組み事業が産経ニュースに掲載されました。 弊社の事業を産経ニュースに取り上げていただきました。ありがとうございます。 これをきっかけに皆様に資源の有効利用から次世代の子ども達へいのちの大切さを今後の『水産・環境・教育』をみんなで考えてみるキッカケになれば幸いです

産経ニュースの記事はこちら

イシダイ1L

5,435円(内税)

マダイSS

2,600円(内税)

SOLD OUT
カワハギ1M

3,440円(内税)

クエ1S

3,860円(内税)

クロマグロ2M

6,275円(内税)

SOLD OUT

マダイ2S

3,440円(内税)

クエ2M

4,700円(内税)

シマアジ1M

3,860円(内税)